2017年9月

介護の外国人実習生、日本人と同じ扱いに 6カ月働けば【名取市で脳梗塞リハビリ・マッサージと言えばケア・グート】

(2017年9月6日 朝日新聞)

11月から受け入れが始まる介護分野の外国人技能実習生について、厚生労働省は6カ月間働けば日本人の職員と同じ扱いにすることを決めた。施設の運営に必要な職員としてカウントでき、介護サービスの公定価格である介護報酬の支払い対象にもなるため、人手不足の施設で受け入れが加速する可能性がある。

 6日にあった社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で明らかにした。

 技能実習制度では最長5年間、日本で働ける。介護分野は初めての対人サービスとなり、入国時の日本語能力の要件を「ややゆっくり話される会話であれば、ほぼ理解できる」という「日本語能力試験N4程度」としている。また、来日して2カ月間は日本語や介護用語について研修を受ける。

 その後に施設で働くが、厚労省は6カ月たった段階で正規の職員とみなすことにした。また、働き始める時点で、「日本語能力試験N2程度」の「日常会話やニュースを自然に近いスピードで理解できる」語学力があれば、すぐに正規職員と同じ扱いにする。施設ごとに最大で、介護職員の常勤職員と同じ人数を受け入れられる。

 

記事元:http://www.asahi.com/articles/ASK965H4CK96UTFK00R.html

 


 

 人手不足が叫ばれて久しいですが、要因は様々あると思います。景気回復の実感はなく好景気が要因とはあまり感じず、少子高齢化による労働人口の減少がじわりじわりと来ているのでしょう。介護業界は特に不人気とあって、施設は出来たけど職員が集まらず1フロアしか開けていないなどの例もあり、更に離職率が非常に高いのもこれに拍車を掛けています。で外国人の成り手をより雇用しやすくするという施策を講じるということです。

 企業のコールセンターなどを外国に設置して現地人が対応するケースも増えてきていて、私自身も体験がありますが皆さん日本語が上手なだけでなく非常に丁寧な対応で好印象でした。日本や日本企業で働きたいという外国人は意欲的で総合力の高い方が多い気がします。

 さあ、そういう方々が増えていき、今の離職率は改善されるのでしょうか?

施策の一つとして必要でしょうが、根本要因を解決していくこともやっていかないと、穴の開いたバケツに水を注ぎ続けることになります。

名取市 仙台市 岩沼市 脳梗塞 リハビリ 訪問マッサージ

 

♪God Blessed Video by Alcatrazz

レインボー~マイケルシェンカーグループの元ヴォーカル、グラハム・ボネットが結成したバンド、アルカトラズ。初代ギタリストはあのイングヴェイ・マルムスティ-ンでしたがとっとと辞めてしまい2代目はフランク・ザッパのバンドにいたスティーブ・ヴァイ。どちらもギター・テクは凄いのですがこうも曲調が変わるものか、と当時思ったもんです。

 グラハムは菜食主義を貫いており、肉を食べないだけでなく動物の革で作ったジャケットも一切身につけないというロック界では珍しい人物です。

 

ケア・グート|仙台市、名取市、岩沼市で脳梗塞後遺症リハビリマッサージ

ケア・グート

〒981-1244 宮城県名取市那智が丘2-14-1

022-799-7175

Copyright © Care Guuto All Rights Reserved.

Top