2017年9月

高齢ドライバー事故 老人運転を「走る凶器」にしない方法はある【名取市で脳梗塞リハビリ・マッサージと言えばケア・グート】

(2017年1月15日 産経新聞)

 

ブレーキとアクセルの踏み間違い、高速道路の逆走…。超高齢社会が加速する日本で、老人運転による痛ましい事故が後を絶たない。抜本的な対策として高齢者の免許を強制的に取り上げるべきだとの意見もにわかに活気づくが、これはあまりに極論である。老人運転を「走る凶器」にしない方法はあるのだろうか。(iRONNA)

 筆者にとって、クルマの運転は日常生活と切っても切り離せない存在となっているが、毎日のようにステアリングを握っているので変化に気づきにくい。日常的に運転する人ほど危険を察知しにくいといえる。

 ただ、心身の衰えには個人差があるので、単純に年齢で区切ることは賛成しかねる。今年3月に施行される改正道路交通法では、逆走や信号無視などの交通違反をした75歳以上のドライバーに臨時の認知機能検査を課すなどの内容になっているが、75歳未満でも危険な状況は起こるはずである。

 それに、人間側ではなく、車両側での対策もできるのではないかと考える。自動運転のようなハイテクではなく、高齢者はマニュアル・トランスミッション(MT)車限定とすることである。

記事元:http://www.sankei.com/premium/news/170115/prm1701150016-n1.html

 

 


 モータージャーナリストらしい観点からの提言ですね。読んで字のごとし、マニュアル操作なので手と足を常に動かして「考えて」運転することになります。昔はマニュアル車ばかりでしたから今の高齢者はそんなにハードルは高くないと思います。翻って若年層は免許すら不要との考えが増えているようですが、免許を取る中でもオートマ限定を選択するのはもはや半数を超えています。この年齢層が高齢者になってマニュアル限定となれば、教習所もまた活気づくことになるのでしょうか。。

訪問マッサージ 名取市 仙台市 岩沼市 脳梗塞 リハビリ

 

♪光と影の間 by ATLANTIS AIRPORT

 

日本のバンド、アトランティス・エアポートです。

ラジオで流れたOver the rainbowに衝撃を受け、即アマゾンでアルバムを注文しました。

ピアノロックとかプログレポップとか言われていますが、詩も曲調も大好きで洋楽やプログレ好きは馴染めると思います。この頃活動がちょっと停滞気味だなぁと思っていたら、やはりというか解散発表。群雄割拠の業界、いい曲作ってもなかなか売れないだろうけど踏ん張って長く続けて欲しかった。けどしょうがない。。。何か別の形で新しい作品を世に出してほしいと思います。

 

ケア・グート|仙台市、名取市、岩沼市で脳梗塞後遺症リハビリマッサージ

ケア・グート

〒981-1244 宮城県名取市那智が丘2-14-1

022-799-7175

Copyright © Care Guuto All Rights Reserved.

Top