2018年1月

初の便秘「診療ガイドライン」まとまる 解消に効果とされた食物繊維やヨーグルトが実は…【名取市で脳梗塞リハビリ・マッサージといえばケア・グート】

(2017年12月2日 産経新聞)

 

人知れず悩む人も多い便秘。日本ではこれまで便秘は病気とみなされず、医療機関を受診しても、効果的な治療がなされないことも少なくなかった。そんな現状を変えようと、消化器内科医らで組織する「慢性便秘の診断・治療研究会」が、日本初となる便秘のガイドライン「慢性便秘症診療ガイドライン」を作成した。これで便秘の悩みがすっきり解決、といくか-。

「患者」は1千万人以上

 厚生労働省の国民生活基礎調査(2013年)によると、便秘に悩む人は60歳までは男性よりも女性が多いが、加齢とともに男性の有病率も増加、80歳以上では男性が女性を上回る。高齢化が進む中、日本の便秘「患者」は1千万人以上いるとみられている。

 ガイドライン作成メンバーで、横浜市立大大学院医学研究科・肝胆膵消化器病学教室の中島淳教授は「『便秘なんてたいしたことない』と思う人も多いが、とんでもない。中でも高齢者の便秘は、命にかかわることが最近の研究で分かってきた。また、ただの便秘と思っていたら、実際は大腸がんなどの病気が隠れていることもある。高齢化の進展で便秘患者はさらに増えるとみられるだけに、診断・治療体制を整える必要があった」と説明する。

 

記事元 続きは、http://www.sankei.com/premium/news/171202/prm1712020009-n1.html

 

 


 

 自分にとっては全く無縁の症状ですが、たまーに1日便が出なかったりするとやはり気持ち的に重苦しくなりますしイヤなものです。便秘の原因として「薬の服用」もあるそうです。一方で快便の方は”1回の咀嚼回数が30回以上” ”1日1.5リットル以上の水を摂取”などの生活習慣があるようです。よく言われているヨーグルトや食物繊維の摂取という予防法に対してはさして推奨しないという説もあるようです。 いずれにしましても摂取したものを排出しなければ支障をきたすのは当然ですし、それと同様に体内の血液や水分の流れを良くするというのも健康維持に絶対必要な動きです。栄養バランスの良い食事を規則正しくよく噛んで食べて、適度な運動を行い、きちんと睡眠をとるという生活を現役世代から実行する、というごくごく当たり前のことを再度認識した次第です。

仙台市 名取市 岩沼市 脳梗塞リハビリ 訪問マッサージ

 

♪Don’t Look Back by Boston

M.I.T.(マサチューセッツ工科大学)卒の秀才、トム・ショルツの私的バンド、ボストンです。

なんせ、アルバムは7,8年に1枚のペースという遅さで発表していて、全てはトムのコントロール下にあります。またギターのトレモロシステムを自分で開発して特許を持っています。

 

ちなみに、NHKでやっている”ロボコン(ロボットコンテスト)”はM.I.T.の学内で学生同士でやっていたものが原型なんです。

 

 

ケア・グート|仙台市、名取市、岩沼市で脳梗塞後遺症リハビリマッサージ

ケア・グート

〒981-1244 宮城県名取市那智が丘2-14-1

022-799-7175

Copyright © Care Guuto All Rights Reserved.

Top