2018年1月

増える高齢者の外出 鉄道など乗降の改善急務【名取市で脳梗塞リハビリ・マッサージと言えばケア・グート】

(2017年12月17日 産経新聞)

□20代上回る休日外出率

 アクティブな高齢者が増えてきたようだ。

全国70都市を対象に国土交通省がおおむね5年に1度実施している「全国都市交通特性調査」(2015年)によれば、外出する人の割合は平日が80・9%、休日が59・9%で1987年の調査開始以来、最低を記録した。

 ただ、年齢別に分析すると特徴が浮き彫りになる。休日は、減少傾向の20代を65~74歳が上回っているのだ。

 具体的には、20代の平日は男性が81・2%、女性は80・2%。休日は男性51・1%、女性60・1%である。これに対し、65~74歳の平日は男性79・5%、女性71・8%だ。休日は男性66・2%、女性60・7%となった。

 75歳以上を見ても平日は男性の64・7%、女性の51・6%が外出している。65~74歳は、全世代平均と比べても遜色ない外出率であり、休日はむしろ上回った。

 1日あたりの移動回数で比べるとさらに分かりやすい。平日は20代の1・96回に対し、70代は2・10回だ。休日も20代は1・43回だったが、70代は1・60回であった。

 20代のうち、大きく落ち込んだのが男性の休日の外出だ。1987年の移動回数は2・3回だったが、2015年は1・2回にとどまった。およそ30年間で半減した計算である。

 20代の外出の少なさをアクティブな高齢者の増加が穴埋めしているものの、補い切れず全体では減少したということだろう。

 高齢のみの世帯が増えて外出せざるを得なくなっているお年寄りの増加と、インターネットによる買い物の普及で若者が自宅から出なくなったことなどが背景にあるとみられる。

 休日に一度も外出しない20代は44・5%に及ぶ。一方で宅配便の取扱数は1987年の7・6億個から、2015年には37・5億個に膨らんでいる。

□地方では自動車が主流

 ところで、アクティブな高齢者たちは、どの交通手段を選んでいるのだろうか。

 65~74歳では自動車を運転する人が多い。とりわけ地方都市では自動車は「生活の足」であり、男性は70・2%、女性も33・4%が自動車を自ら運転している。

記事元、続きはhttp://www.sankei.com/smp/premium/news/171217/prm1712170004-s1.html

 


 

 高齢者の外出が増えて公共交通機関のバリアフリー化が急務といった内容ですが、ショックなのがマ若者の外出が減っているということ。恋愛しない、運転免許いらない、お金は貯めたい、テレビは見ない、、、ナイナイづくし、自分の頃と比べてどうしてこんなに趣向・思考の変化が進んだんだろう。

翻って高齢者ですが、市内の沿岸部で一人暮らしで脳梗塞を2回患って(恐らく後遺症は無いのでしょう)80を優に超える方ですが未だに車を運転しているそうです。こういう方、地方ではざらにいらっしゃいます。自分がその歳になったらきっぱり運転を辞められると思いますが、長年の生活スタイル、生活水準を変えるというのはそう容易ではないということです。最近街中までバスを使う機会がありましたが、行き帰りの時刻表をスマホにメモし、帰りの時間を気にしながら行動し、バス停まで歩いて、、と結構脳の活性化に効くなぁと思いましたよ。

 

仙台市 名取市 岩沼市 脳梗塞リハビリ 訪問マッサージ

 

♪Out In The Fields… by Gary Moore ft. Philip Lynott

  ギタリスト、ゲイリー・ムーアと元シン・リジィのベーシスト、フィル・ライノットの共演です。どちらもアイルランド出身ですね。ゲイリーとフィルといえばフィギュアの羽生結弦選手が演目曲に採用した「パリの散歩道」は彼らの作品です。ブルースを好んで作品も多かったですが後半はこのような軽快なロックも多く残しています。いわゆるギターヒーローで日本でも人気がありましたがフィルもゲイリーも亡くなっています。

ケア・グート|仙台市、名取市、岩沼市で脳梗塞後遺症リハビリマッサージ

ケア・グート

〒981-1244 宮城県名取市那智が丘2-14-1

022-799-7175

Copyright © Care Guuto All Rights Reserved.

Top